2013年05月29日

本日のレポーター久保です。


こんにちわ。
久保貫太郎と申します。
今回、てがみ座さんで初めてお芝居させていただきます。
以後どうぞよろしくお願いします。
呼ぶ時は、クボカンと呼んで下さい。



僕がいるクロムモリブデンという劇団は、てがみ座さんのような美しい立ち振る舞いとは真逆の、
飛だり跳ねたり逆立ちしたり、殴ったり殴られたり絶叫したりする、プロレス団体なので、
てがみ座さんの空気感を壊さぬよう、ちょっとだけクラッシュする事を目標に、頑張る所存です。



これだけでは、私がどういう役者か全くわからないと思いますが、それは今回再演されることになった
「空のハモニカ」
・京都芸術センターフリースペース 7月5日〜7日  
・座・高円寺1 8月1日〜4日
を観て頂ければとわかると思いますので、
とりあえず、省略。





本日も、皆で踊りました。


テーマ【和菓子】
wagashi.jpeg



テーマ【長田育恵さん】
ikue.jpeg



我々は真剣です。





稽古前のウォーミングアップをかねて、身体を動かしながら簡単なゲームなどをするのですが、
同じゲームでも、自分達の劇団でやるのと、こういった初対面に近いメンバー同士でやるのは、
盛り上がりに雲泥の差があります。



初対面同士だと、なるべくゲームを楽しく進めながら、お互いを知ろうしたり、
稽古場になじもうする感覚があったりするので、些細な事でも盛り上がったりするのですが、



劇団では、互いの関係性が構築されている分、そういった手探りの感覚がない状態でゲームするので、
盛り上がらなきゃそれはそれでいいし、的な
また違った思考回路があったりするんですね。



理解を深め合いながら作品を作るのも、
既にある共通項を土台にするのも、
それはそれで、どっちも良いところがあって楽しい事です。
そんな違いを体感しながら、今日も稽古は続くのだ。




kubokan

==============================================
くぼかんさん、アレアレ?
まりえさんの記事と出だしが酷似していますよ!!!(笑)






posted by てがみ座 at 23:00| Comment(2) | 日記

稽古@池ノ上

GetAttachment.jpgGetAttachment2.jpg





どーもどーも。こんばんわ。
今回初めて、てがみ座さんでお芝居やらせてもらいます、斉藤まりえです。
私がどういう人物か知らない方も多いと思いますが、それは今回再演されることになった
「空のハモニカ」京都芸術センターフリースペース 7月5日〜7日  
        座・高円寺1 8月1日〜4日  を観て頂ければとわかると思いますので、
あえて、省略。
 
今日の稽古は身体もいっぱい動かして、とっても気持ちよかったです。
稽古では毎回シアターゲームのようなものをやるのですが、これがなんだか面白い!
器用さ不器用さはもちろん、その人の性格もよ〜く見えてくるんです。
私にとって今回の共演者のみなさんは初対面の方ばっかり。だからその時間はとても重要。。。
 
そして、後半戦は「本読みだけど、ちょっと立ってみよう」というもの。
写真のように思うがままに動いてみました。
本番は着物着たり、道具を持ったり、色々とありますが今日は自由〜自由〜
アドリブも満載で楽しかったです。
すごく自由でみんな好き勝手やってるのに、立ってみるとどういう話なのかが
自然と見えてくるのはなぜなんでしょうね〜、不思議。
明日からも楽しみです。
 
きっとこの次わたしがブログに登場する時は、稽古も中盤ですね。
がんばりまーす!
  
 


posted by てがみ座 at 00:09| Comment(0) | 日記

2013年05月28日

下関弁・方言稽古☆

今日は『方言』の集中稽古でしたわーい(嬉しい顔)


初演から引き続き、方言指導は俳優の松角洋平さんexclamation×2

matsukadosan.jpg


「空のハモニカ」には、ほぼ全編に下関弁が出てきます。
松角さんには、その全ての方言のセリフをお一人で読んでいただきましたキスマーク


下関弁…本当に素敵ですぴかぴか(新しい)
やわらかくて、暖かくて、力強くて、耳に残る響きです耳
初演メンバーからは『あ〜!懐かしいぃ!』という声もるんるん


こうやって下関の言葉を聞くと、ぱあぁっとイメージが広がります。
言葉というのは、『音』から受ける影響や
受け取る情報がものすごく沢山あるんだなぁと気付かされます。




自称「漢字がニガテたらーっ(汗)とおっしゃる松角さんのお茶目な読み間違いに場が和む場面もありつつw
5.jpg





途中で細かいニュアンスや発音について質問などもしながら、

2.jpg3.jpg

気が付くとなんと3時間あせあせ(飛び散る汗)
ずっと喋りっぱなしだった松角さん、本当にありがとうございました!


下関弁をしっかり練習して、舞台を観てくださる皆様にも、下関の空気や風を感じていただけるように頑張りますぴかぴか(新しい)



てがみ座 福田温子
posted by てがみ座 at 12:00| Comment(0) | 日記